課金機能付きプレミアムブログ。ブログで稼ぐ・ブログで儲ける。課金ブログ、有料ブログが簡単に作成できます。 『 ブロくる 』

決済機能付き課金ブログ利用無料 会社概要  利用規約  プライバシーポリシー
ID   パスワード    パスワードを忘れた方
課金ブログ無料作成
ブログチャージとは
課金ブログの利用規約
課金ブログ使い方
お問い合わせ
1. 勝田商会臨時列車運転情報2017年12月号 (135pts.)
勝田商店です。団臨列車などの情報を提供しています。情報内容を月単位一ヶ月¥2500で販売しています。 なお、 (勝田商会12月号)
2. 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 (124pts.)
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重 (板垣英憲)
3. 勝田商会臨時列車運転情報2018年1月号 (82pts.)
勝田商会です。団臨列車などの情報を提供しています。情報内容を月単位一ヶ月¥2000で販売しています。 なお、 (勝田商会1月号)
4. Newアカシックレコード情報全公開! (80pts.)
ねじ曲げられた断片でしかなかったアカシックレコード情報ではなく、 修復され元の姿である宇宙のはじまりから終わ (meraina)
5. 「宇宙とツインソウル」と「私を幸せにする方法」 (56pts.)
私たちは、自分の手で叶えられることだけを願い そして、願いを叶えるその方法は、自分が魂と繋がる事で思い出しま (ao111 )
6. ツインソウルの歩みと宇宙の法則 (45pts.)
ツインソウルのこと 二人が歩むプロセスのこと 宇宙の法則と真理のこと (ao222)
7. 日経 KOBAロジック (33pts.)
日経225トレーダー兼エンジニアのKOBAです。 ラージ1枚or2枚・寄り付きインの大引けアウト。 LC (KO☆BA)
8. COBRAシステムトレード(最強の自動売買システムを目指します) (20pts.)
日経225miniとFXで"生活可能"〜”夢の実現”を目指すブログです。 リアルタイムトレード(手動)とシス (COBRA)
9. positive225 (18pts.)
日経225先物に的を絞り、テクニカル+統計+裁量から生まれたシステムで、本格的に資産を増やす事に挑んでいるブロ (C・ダグラス)
10. オーバーナイト 沈まぬ太陽 (10pts.)
システムでの取引に専念しておりましたが震災以降は裁量も取り入れました。 オーバーナイトのサインのみですが参考 (ナイトライダー)
10. 日経225 キーマン (10pts.)
分足の違う5つのテクニカルチャート駆使し、225先物に果敢に挑むブログです (225shadow)
10. ストレスフリー 日経先物 (10pts.)
ストレスの少ないトレード。 無理した取引をやめようと色々考えているうちに今のスタイルになりました。 寄り引 (龍馬)
10. 備えあれば憂いなし 日経先物 (10pts.)
【広辞苑】 普段から準備をしておけば、いざというとき何も心配がないということ。 (研二郎)
続きを見る

総則
くるくる天街株式会社(以下弊社)および株式会社テレコムペイメントは、くるくる天街が運営する課金ブログサービス(以下本サービス)の利用者に対して本規約を定めます。
本サービスの利用者は本規約に従ってサービスを受けるものとします。

第1条(利用者登録および利用者会員資格)
(1)本サービスの規約に同意し、WEB上での所定の入会書式に従って申し込みをし、本人確認がなされた時点で課金ブログ会員としての資格を得ます。
(2)無料ブログ(ブロくる)サービスも同時に閲覧ができます。
(3)くる天ポイントは1ポイント1円です。
(4)登録会員IDは登録した本人のみが使用するものとします。
(5)ブログまたはサイト単位で18才以上の利用制限が掲げられている場合があります。
  この場合18才以上でなければなりません。必要に応じて公的証明書を要求する場合があります。
(6)退会する場合は所定の退会方法でおこなうか、メールでの問い合わせによって行ってください。
(7)また1年以上ログインがない場合、退会とみなされます。
(8)弊社が判断して不適切な会員は退会とすることがあります。
(9)退会後はブログ記事やデータ、ポイントなどすべて抹消されます。
  したがってくる天ポイントや売り上げポイントはすべて無効になりますのでご注意ください。
(10)無料ブログ(ブロくる)の規定については、ブロくる側サイトの規定に従います。
(11)課金ブログ作成時の本人確認時の登録申請事務手数料(612円実費のみ)をお支払いいただきます。ブログの利用は無料です。
(12)サービスご利用は、本人確認用の書類をお受け取りになれる日本国内に住所をお持ちの方とさせて頂きます。

第2条(会員情報の利用目的)
(1)本サービスでの利用にとどめ、それ以外の目的で使用することはありません。
(2)取得したメールアドレスには、サービス内容の告知、キャンペーン情報、メンテナンス情報などの必要最小限の情報送信を行うことがあります。
(3)一部提携各社(決済会社、決済代行会社、サービス運営会社)に電話番号、メールアドレス、カード番号が送信されることがありますが各社がサービス遂行を目的とする以外での利用をしないことを確認しております。
(4)重要情報を保存する場合は暗号化して保存しております。

第3条(ブログの課金方法)
(1)ブログの作成および制作者(以下ブロガー)は自分が作成したブログの記事1つ1つに対して、無料公開か有料公開かの区別をすることができます。
(2)ブログ記事ごとに弊社が定めた範囲で利用料金を設定(都度課金)できるほか、定期購読課金の選択もできます。
(3)定期購読課金に設定したブログは、1回の支払いで1ヶ月間の購読期間となります。
  翌月の購読料金は購読者に残ポイントがある場合、自動的に代金は決済されます。
  ただし1ヶ月間記事を投稿しないか、ブログ自体を閉鎖した場合、全ての定期購読記事を都度課金に変更した場合、翌月分は決済はされなくなります。
(4)都度課金に設定された記事を1人の人が1度閲覧したのちは何回閲覧しても課金はされません。
(5)課金ブログを設定できるのは18才以上の方に限ります。
(6)一度でも課金設定にした記事の修正可能な時間帯は最初に書いてから1時間以内とし、もし購入者が1人でも閲覧した場合は、その時点で   削除・修正ができません。
  (※途中で無料設定に変更しても修正できません)
(7)課金記事を掲載しているブログの「コメント」・「評価」は課金記事・無料記事共に削除、修正できません。
(8)課金ブログは最後に記事を書いてから3ヶ月間は削除できません。
(9)同一名義人が複数のメールアドレスにて課金ブログを運営の場合、1ヶ月間審査期間とし、内容によっては削除させていただきます。その他の運営ブログの継続についても場合により停止します。
(10)既に登録済みの同一の名前または同一の住所をもって異なるメールアドレスにて別のIDを発行し、類似の課金ブログを作成する行為を原則禁止します。

第4条(売り上げ金の支払い方法)
(1)弊社が3条に基づいて課金された料金をブロガーに支払う方法について規定します。
(2)都度課金、定期購読の売り上げについては課金の合計額を売り上げポイントとします。
(3)売り上げポイントを円に替えた金額から、弊社のサービス手数料(売上の20%)および振り込み手数料(216円円) を減算した残額を出金可能額として、お支払い致します。
  なお今後サービス手数料、振込み手数料は変更することがあります。
(4)1回の支払額(手数料を差し引いた出金可能額)が1000円に満たない場合は出金はできません。
(5)ブロガーが売り上げ金を引き出せるのは、売上があってから4日後となります。ただし売り上げの内容に規約違反や不正課金などの疑義がある場合はお支払いを猶予または支払わないことがあります。
(6)初回の出金に関しては、課金記事の内容や規約違反等を考慮するため、課金記事作成から1ヶ月は出金できません。
    ※表示されている最も古い記事を基準とします。非表示、削除した記事は除く。
(7)弊社はWEB上の所定の方法によって、ブロガーからの指示を待って支払うものとします。
(8)弊社はテレコムペイメントの楽天銀行口座からのメルマネ(詳しくはここ)によって支払います。メルマネは銀行や郵便局の口座からのみ受け取ることができます。
  またメルマネ以外の方法ではお支払いはできませんのでご了承ください。
(9)一定期間の間にメルマネの受け取りを行いませんと、支払いが完了できず組戻しとなります。
  その場合でも最初のメルマネ手数料は減算されます。
(10)売り上げポイントをくる天ポイントに移動することができます。
  なお移動1回につき200ポイントの手数料が引かれます。
(11)利用者がクレジットカードで支払った場合不正利用や支払い拒否(チャージバック)により代金の決済が後日できない場合があります。
  この場合そのユーザーが購入したブログの売り上げ分を対象ブログの支払額から減算させて頂きます。
  既に出金済みなどで売上ポイントが不足している場合には、その後の売り上げから減算させて頂きます。
(12)会員の行為、課金記事の内容などに規約違反や不正の疑義がある場合、出金を停止または支払わないことがあります。

第5条(利用者への返金)
(1)原則として特別な理由が無い限り、有料記事のご購入は購入者様のご本人の責任とし、返金等には応じていませんが次の場合を除きます。
  ・ブログの記事に不正があると弊社が判断した場合
  ・利用者に返金に相当な理由があると弊社が判断した場合
(2)返金が発生した場合1件あたり420円の手数料がかかります。
    その分売り上げから引かせていただきます。


第6条(禁止事項)
 次のような行為は禁止事項とし、利用停止させていただきます。
  ・個人情報を収集したり、違法に公開する行為
  ・法律・規則・条令に反する行為、著作権を侵害する行為
  ・過激な性描写や児童ポルノ及び過激な表現、差別的な表現や公序良俗に反する行為
  ・第三者に成りすましての詐欺行為
  ・虚偽の情報の掲載による混乱や他人を誹謗中傷する行為
  ・本サービスの運営を妨げる行為
  ・コンピュータウィルス、コード、ファイル、プログラム等を公開する行為
  ・弊社に許可無くおこなう宣伝行為
  ・その他弊社が不適切であると判断する行為


第7条(資格)
 国家資格、または公的機関への登録・認可などの届け出が必要とされる業務、たとえば投資助言業務及び医療・薬剤に関する業務などに該当する内容の記事を公開する場合はする場合は、あらかじめ各種証明書のご提示をしていただいたのち、弊社で審査の上、許可をさせていただきます。

第8条(利用停止)
 本規約に違反する行為が確認された場合は予告なく利用停止または記事の削除をすることがあります。
(1)利用停止と判断されたブログについては書込み禁止とし、閲覧もできなくなります。
(2)売り上げポイントを一定期間(最長6ヶ月間)出金停止することがあります。
(3)訴訟や警察など、公的機関の調査が必要となった場合、状況が確定するまでの間、無期限で支払いを停止することがあります。

第9条(免責)
(1)利用者の作成するブログは自己の責任に基づくものとし、公開する内容に対しては全て利用者が責任を負うものとします。
(2)盗用や不正アクセスにより、訴訟等が起きた場合の損害・責任についても弊社は免責するものとします。
(3)本サービス内容により発生した損害、サービス内の情報の利用により得られた結果、及び、その情報自体の信頼性や正当性、合法性や道徳性、権利正確さについて、弊社は免責するものとします。
(4)本サービスにおいて、利用者及び第三者間で生じたトラブル(違法又は公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)について、弊社は免責するものとします。
(5)広告情報の内容が、利用者又は第三者の権利を侵害したり、権利の侵害により紛争が生じた場合、その侵害及び紛争に対して弊社は免責するものとします。
(6)本サービス及びパートナーメディアならびに広告主を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した損害について、賠償する義務を弊社は免責するものとします。

第10条(本サービスの中止)
本サービスのすべて、または一部のサービスを中止する場合には、弊社はあらかじめ利用者に告知するものとします。
終了後はそのサービスのためだけに保存されていたデータはすべて抹消されますので、適宜利用者は必要なデータは別の媒体に保存などをお願いします。
ただしサービスの改良、サービス内の機能追加、機能削除などは随時おこなわれておりますのでこの場合には予告はありません。

第11条(本サービスの稼動責任)
(1)本サービスがハードウエア、ソフトウエア、通信回線などの故障などで一時的に機能の一部、 またはすべての機能が停止する可能性があります。このような場合には弊社は速やかに回復する措置を講じます。
(2)弊社はサービスの復旧を速やかに回復する責任を負う以外の責任は負いません。 従ってサービスの停止期間中に機会損失などによって利用者が損害を被っても賠償する事はいたしません。
(3)利用者のブログのデータが消滅した場合でも、自己責任において管理するものとし、弊社はデータの再現を保証いたしません。またデータ復帰後最後にバックアップされていた古いデータに戻される可能性があります。

第12条(利用者の著作権)
(1)利用者が著作したブログ、それに付随する文章、画像は、その利用者に著作権が発生するものとします。
(2)また弊社が利用者の著作物を使用する場合、利用者の許諾を得るものとします。

第13条(規約およびサービスの変更)
弊社は必要と認めた時には、会員への予告なく、本規約の内容、サービスの内容などを変更する事ができるものとし、WEB上に公開することによって即時適用されるものとします。

第13条(紛争の解決)
利用会員と弊社の内の一部または全部との間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、弊社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2008年12月8日